第二ステージ 「デザイン」

期間:2021/3/30~4/4
アーティスト:猪飼 俊介

展示初日トークセッション

日時:2021/3/30 13:30~14:00
テーマ:「デザインと植物」

展示内容

作品No.1
作品名植物標本 PLANTS TRADE
展示場所白書院1,2室
素 材ガラス、金属、植物

普段気に留めない植物の葉も、ガラスに閉じ込めるとデザインや刹那性が見えてくる

作品No.2
作品名 静かにある風景・紺碧の山
展示場所白書院3室
素 材絵画、ガラス、植物
作品No.3
作品名春の朝の空気
展示場所黒書院1室
素 材果物、ガラス、キルンキャスト、研磨
作品No.4
作品名fest
展示場所黒書院3室
作品No.5
作品名水標本 Glass Life
展示場所黒書院3室
素 材ガラス、木、アルミ、水

水を循環させることで大気中のバクテリアを発生させ腐らない水を作る。植物を生かす為の装置

作品No.6
作品名護符 独立栄養生物への賛美
展示場所宸殿
素 材紙、活版印刷、アルミ、鉄、水

他生物を捕食せず光をエネルギー源として生育する植物(独立栄養生物)は、人に対し衣食住や酸素の供給だけでなく紙やインクといった表現の材料としても支えてくれている。この作品は植物の恩恵を護符として偶像化し、人と植物の長期的、平和的な安定した関係性に感謝し、賛美する機会を提唱している

アーティスト・プロフィール

猪飼 俊介

1982年東京生まれ
2008年ロンドン芸術大学卒業
2009年Kaikai Kiki デザイナー / ADを経てデザイン会社アルバトロデザイン設立
2015年デザイン振興会, ASEAN JAPAN主催 グッドデザイン賞 メコンデザインセレクション受賞
2016年東京藝術大学 デザイン科 非常勤講師就任
2020年印刷+植物スタジオ PRINT + PLANT設立

印刷作品 https://www.instagram.com/albatrodesign/

植物作品 https://www.instagram.com/plantstrade_official/

猪飼 俊介