仁和寺からのお知らせ
ご案内
21/09/24

仁和寺と明治維新「戊辰戦争カラー絵巻と錦の御旗展」9月18日〜10月17日

戊辰戦争カラー絵巻と錦の御旗展戊辰戦争カラー絵巻と錦の御旗展

令和版「戊辰戦争絵巻デジタル彩色版」完成記念イベント
「戊辰戦争カラー絵巻と錦の御旗展」仁和寺と明治維新

❇︎錦の御旗
維新への動きのなかで、仁和寺第三十世純仁法親王は還俗され「仁和寺宮嘉彰親王(にんなじのみや よしあきらしんのう)が征討大将軍に任命された時、拝受したとされる錦の御旗が仁和寺に所蔵されています。金糸を織り込んだ西陣織の錦旗は、鳥羽伏見の戦いから続く戊辰戦争において、官軍の象徴となり、明治維新へと一気に歴史が動きました。錦の御旗は戊辰戦争の日本各地の前線で掲げられ、多くの遺物がありますが、仁和寺では今回展示の御旗が、征討大将軍任命の唯一無二の御印として大切に保存されています。

❇︎令和版「戊辰戦争絵巻デジタル彩色版」上下巻
仁和寺に伝わる「戊辰戦争絵巻」上下巻には、戊辰戦争の始まりとなった鳥羽伏見の戦いの詳細が描かれています。本巻は三十九場面全てを超高精細スキャニング技術により撮影、さらに歴史資料と専門家の指導に基づき、デジタル彩色を行いました。一年余の制作期間を経て、令和三年八月、ついにデジタル彩色版フルカラー絵巻上下巻が完成しました。その完成を記念し、仁和寺御所庭園内、大内の間にて特別展示を行います。フルカラーで蘇った幕末の歴史絵巻、心ゆくまでご堪能ください。

❇︎主な展示作品
・令和版「戊辰戦争絵巻デジタル彩色版」上下巻
・錦の御旗
・純仁法親王時代、小松宮彰仁親王時代ゆかりの文書数点
会場では、絵巻と講談師の講釈による会場限定映像を大型モニターで上映します。
【期間】令和3年9月18日(土)〜10月17日(日)
【時間】9:00~16:30(最終入場16:00)
【場所】総本山仁和寺 大内の間(仁和寺御所庭園大玄関より入場)
【料金】1100円(仁和寺御所庭園拝観料が含まれます)

❇︎絵巻展示場面(前期後期で場面の展示替えを行います)
9月18日~10月1日(14日間)

<上巻>・第一図「戊辰正月元日」・第二図「會津藩伏見上陸」・第三図「會津藩上京差止」・第四図「鳥羽關門應接」
<下巻>・第丗六図「大将軍西本願寺着御」・第丗七図「四條五條首級ノ實檢」・第丗八図「大将軍大阪城焼址御覽」・第丗九図「節刀返上」

10月2日~10月17日(16日間)
<上巻>・第十六図 「征討大將軍御出陣」・第十七図 「東寺御本陣」・第十八図 「東寺御本陣軍議」
<下巻>・第十九図 「淀千兩松戰爭」・第二十図「冨之森激戰」・第廿一図「大將軍負傷者ヲ慰視ス」・第廿二図「東軍戰死」

主 催:総本山仁和寺
事業名:文化庁 令和 2 年度 LivingHistory ( 生きた歴史体感プログラム ) 促進事業
協 力:先端イメージング工学研究所 株式会社アートリサーチ 株式会社サンエムカラー

拝観料金表

霊宝館 秋季名宝展はこちら

お問い合わせ 仁和寺 拝観課 075-461-1155